競馬のミカタには賛否両論あるからオモシロい

秋に向けて 2020年3歳牡馬

さてさて 夏の競馬も終わり放牧から帰ってきた馬が路線を見据えて出走する季節がやってきましたね。

果たして現在の菊花賞3000mに適した馬がいるんだろうか?昔はいたんですよ。ステイヤーの成長曲線って基本的に晩成なんだから3歳春から始まって夏から上がってきて菊花賞を目指す!みたいな展開で、ダービー馬最強論ってないでしょ?日本競馬において菊花賞馬最強論は相変わらずあるわけで。

コントレイルは三冠馬になれるか?牝馬三冠より牡馬三冠の方が難しい。どう見ても2000mぐらいがいい馬しかいない。ライスシャワーみたいな馬がいないかなw 阪神大賞典と天皇賞・春が形骸化する。

でもゴタゴタいってててもしかたがないので気になる三頭について書いてみたい。

 

サトノインプレッサ

最大の不幸はチーム・サトノのオーダーで皐月賞からNHKマイルに行かされたことかもしれない。ダービー4着だったけどいい伸びしてたから残念。マイル馬ではないよ。でも3000m走るかは疑問やね。どうやら毎日大冠から天皇賞・秋みたいやから菊花賞回避。でもジャパンカップまでがみえてくるからこの馬楽しみ多いですよ。

 

ガロアクリーク

セントライト記念に登録しているということは菊花賞に行くのでしょう。一番王道でコントレイルに対抗するするのはこの馬かもしれない。サリオスが毎日王冠に行くみたいやからチャンス到来。相手は強いけどトライアルは突破して欲しい馬やね。血統的に心配なのはキンシャサノキセキが父であることなんやろね。キタサンブラック・ロードカナロアほどのものがあるのか。

 

ヴェルトトライゼンデ

おぉ~セントライト記念を回避して神戸新聞杯に行くみたいやね。今年は中京開催やのにどうしたいのやろ?狙いが分からん。勝ってどこに行く?本賞金を取りに来たのか。血統的には父ドリームジャーニー。近親ワールドプレミアは菊花賞馬やけどあまり好きじゃない。ダービー2400mをこなして3着なんやからトライアルは何とかなるんやろね。

今年の牡馬クラシック路線はなかなかな悩ましてんすよ。コントレールに牡馬三冠を取らせる雰囲気があるがあるんやけどね。

まだ時間があるので伏兵探し頑張りますわ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

ツールバーへスキップ